インフルエンザの時の食事は何を食べたら早く治る?乳酸菌で免疫力回復!

乳酸菌

インフルエンザの時は何を食べたら早く治るのか?

インフルエンザにかかった時の食事はどんな食べ物を食べれば早く治せるの?

インフルエンザにかかった時の食事は、
1日に1回だけ果物をすりおろして飲むのが一番です。

◎インフルエンザにかかった時に食べたほうがいい食べ物は果物です。
◎果物をすりおろしてそのまま飲んでください。
どんな食べ物よりもインフルエンザの時は果物をすりおろして飲むのが早く治すためには効果的です。

どうして果物がインフルエンザを早く治すのに効果的なの?

果物にはフィトケミカルと呼ばれる
抗酸化作用の強い成分や
ビタミンやミネラルなどが
豊富に含まれているため、
体内の免疫機能を高める補助をしてくれます。

インフルエンザを治すには、
体内に侵入して増殖したインフルエンザウイルスを撃退するしかありません。

そのために、
体内の免疫機能を高める必要があるのです。

なるほど!
それでインフルエンザにかかった時の食べ物はフルーツが一番なのね!

インフルエンザにかかった時に食べたい果物ランキング

わたし
わたし

インフルエンザにかかった時に食べたい果物をランキング形式で紹介しますね!
手に入りやすいものを買って、
すりおろして飲んでくださいね。

インフルエンザにかかった時に食べたいフルーツランキング

第1位:パパイヤ
第2位:リンゴ
第3位:トマト
第4位:ブドウ
第5位:キウイフルーツ

◎とくにパパイヤとリンゴはおすすめです。
アメリカの一部の富裕層の間では、
風邪をひいたら新鮮なパパイヤエキスを摂るのがトレンドになっています。

わたし
わたし

◎リンゴは日本でも「医者いらず」と言われるほど有名です。

 

インフルエンザにかかった時の食べ物は、
とにかく果物がおすすめです。

むしろ、「果物の一択しかない」といっても過言ではありません。

果物がインフルエンザにかかったときにおすすめの食べ物である6つの理由

果物がインフルエンザにかかったときにおすすめの食べ物である6つの理由

①水分が豊富
②食物繊維が豊富
③消化酵素が豊富
④フィトケミカルが豊富
⑤ビタミンやミネラルが豊富
⑥消化が圧倒的に早い

本当はね、
高熱が出ている間は何も食べないで寝ているのが一番なのよ。

インフルエンザにかかった時に食べていはいけない食べ物

わたし
わたし

インフルエンザにかかったら食べてはいけないものがあります。
それは消化に時間のかかる食べ物です。

具体的には肉などの動物性タンパク質です。

肉などの動物性タンパク質は、
食品の中でもっとも消化に時間のかかる食べ物です。

インフルエンザにかかった時は、
体の中で免疫細胞がウイルスと戦ってくれています。

ですから、
その邪魔をしてはいけないのです。

食事をするという行為は、
免疫細胞の戦いの邪魔をすることになるのです。

インフルエンザウイルスの除去に100%専念させてあげたほうが早く治ります。

しかし、
「体力をつけなくちゃ」とか
「栄養をとらなくちゃ」と考えて、
お腹がすいていないのに、
食事をするのは完全な間違いなのです。

インフルエンザで苦しんでいるときに、
あなたはお腹がすきますか?
食欲がなくなりますよね?

それが正常なのです。

体は食事を求めていないのです。
食事をすると、
食べたものを消化しなくてはいけなくなります。

このとき、
体内の酵素は消化に使用され、
インフルエンザウイルスの攻撃に専念できなくなります。

むしろ、
体はインフルエンザウイルスへの攻撃よりも、
消化を優先してしまうのです。

これが、
インフルエンザからの回復が遅くなる最大の原因になります。

食事はお腹がすいたら、
フルーツをすりおろして少量だけ食べるのが
インフルエンザにかかった時はベストな食事です。

インフルエンザにかかった時に、
もっとも食べてはいけないものは、
肉などの動物性タンパク質です。

できれば、
おかゆもやめたほうがいいです。

おかゆを食べるくらいなら、
パパイヤやリンゴ・バナナ・キウイ・
パイナップルなどのフルーツを
すりおろして飲んだほうが100倍効果的です。

なぜなら、
含まれているウイルス対策成分がまったく異なるからです。

ブドウ糖をいくら摂取しても、
インフルエンザウイルスには効きません。

しかし、
果物に含まれているフィトケミカルや
ビタミンやミネラルが抗酸化作用を発揮したり、
腸内の善玉菌に作用するため、
免疫力が高まります。
さらに、
果物は食物酵素がたっぷり含まれているため、
酵素による代謝の活性化が起こります。

◎インフルエンザを早く治す食べ物は果物
◎インフルエンザを長引かせる最悪の食べ物は「しっかりしたバランスのとれた食事」

インフルエンザに乳酸菌がおすすめな深い理由

わたし
わたし

インフルエンザにかかるということは
腸内環境が悪化していて、
免疫機能が低下している証拠です。

 
インフルエンザにかかって高熱が出るのは、
免疫細胞がインフルエンザウイルスを
攻撃している証拠なのです。
 
ウイルスは熱に弱いため、
体温を上昇させて、
熱で増殖したウイルスを殺そうとしてくれているのです。
 
ですから、
解熱剤を飲んではいけません。
 
39度や40度近い熱が出ると、
本当につらいですが、
体の中の免疫細胞が一生懸命戦ってくれています。
 
解熱剤を飲むということは、
免疫細胞の仕事を邪魔することと同じなのです。
 
邪魔するだけで済めばいいのですが、
解熱剤を飲むと腸内環境がさらに悪化します。
 

なぜなら、
薬が善玉菌まで殺してしまったり、

弱体化させてしまうからです。

 
これでは、
熱が下がって一時はラクになりますが、
病気になりやすい状態のため、
すぐにぶり返したり、
完治が遅れたりする原因になるのです。
 
腸内環境を整えることは、
免疫機能を向上させることと同じ意味があります。
それには善玉菌を増やすことが欠かせません。
そのために、
乳酸菌が必要になるのです。
インフルエンザにかかってしまったら、
急いで乳酸菌サプリを飲むことをおすすめします。

 

インフルエンザにかかった時に、
乳酸菌サプリを飲んだほうがいい理由は、
善玉菌を増やして免疫力をアップされるためなんです!

わたし
わたし

それがインフルエンザを早く治すための方法でもあるわけです!

インフルエンザは「インフルエンザウイルス」が
体内に侵入してくることが原因で発症します。

しかし、
腸内環境が健康な人は
インフルエンザウイルスが体内に侵入してきても、
発症しません。

なぜなら、
免疫システムがしっかり機能しているからなんです。

人体には、
病原菌・細菌・ウイルスなどの
外敵から身を守る「免疫」と
いうシステムが備わっています。

インフルエンザウイルスが体内に侵入すると、
「マクロファージ」「顆粒球(かりゅうきゅう)」
「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」などの
免疫細胞が働いて、
ウイルスを破壊してくれます。

さらに、
一度撃退すると、
次に同じものが侵入してきた時に、
いち早く撃退してくれるようにもなります。

免疫細胞は体のあちこちに存在していますが、一番多いのが腸です。
体内の免疫細胞の7割が腸壁の内側に密集して存在しています。

ですから、
腸が健康に整っている人は
免疫力を最大限に発揮できるので、
インフルエンザウイルスなど簡単に撃退します。

インフルエンザウイルスだけではなく、
風邪すらひきにくくなり、
アレルギー症状とも無縁でいられます。
なんとガンのリスクすらも、
大幅に低減できると言われているのです。

アレルギー症状も腸が関係しているのね!

アレルギーに悩んでいる人は、
腸をきれいに整えるだけで、
かなりの改善が見込めます。
実際に、
腸内環境を改善して、
アレルギーを克服した人は
たくさんいるんですよ。

インフルエンザにかかったということは腸内環境が悪化している証拠

わたし
わたし

インフルエンザに感染して、
発症してしまったということは、
あなたの免疫機能が低下しているという証拠です。

それは、
腸内環境が良くないことを表わしているのです。

なぜなら、
腸内環境がきれいで正常に機能していると、
免疫細胞が活発に働いてくれるので、
インフルエンザウイルスなど簡単に撃退するからです。

インフルエンザにかかって、
高熱が出ているということは、
免疫細胞がインフルエンザウイルスの増殖を
抑えきれなかったことを意味しています。

でも、
毎年冬になると日本全国で
インフルエンザに感染して
高熱に苦しむ人が大量に発生するでしょ?
みんな腸内環境が悪いの?

そうなんです!
現代人の腸内環境の悪化はとても深刻なんです。

現代人の腸内環境を悪化させている原因は主に2つあります。

  1. 食生活の乱れ
  2. 過剰なストレス

食物繊維をまったく含んでいない肉などの
動物性タンパク質やサラダ油やマーガリンなど
質の悪い脂質の過剰摂取は
腸の中を腐敗させる原因になっています。

野菜や海藻類の摂取不足も深刻で、
便秘に悩む人が増え続けています。

アトピーやアレルギーに悩む人も
同様に右肩上がりで増えているのです。

また、
食品添加物や市販薬・処方薬なども
腸内環境を悪化させます。

薬を日常的に飲んでいる人の腸は
とても弱っているため、
免疫機能も著しく低下しています。

腸内環境を改善して免疫力を高める方法

人間の腸内には約1000種類100兆個以上の腸内細菌が棲んでいると言われています。

腸内細菌は、
種類によってグループを作り、
腸の壁面に棲んでいるのです。

わたし
わたし

その様子がお花畑のように見えることから「腸内フローラ」と呼ばれるようになりました。

腸には免疫機能の70%が集中しているため、
「腸内フローラ」の状態と免疫力とは密接な関係にあります。

つまり、
インフルエンザウイルスや病気に
負けない体を手に入れるには、
「善玉菌が優勢なきれいな腸内フローラ」を
キープすることが重要なんです。

きれいな「腸内フローラ」を作る食品

「きれいな腸内フローラ」を作るには
「善玉菌を増やすこと」と
「悪玉菌を減らす」ことが必要になります。

善玉菌を増やすためには、
エサとなる食品を積極的に食べることが効果的です。

発酵食品やオリゴ糖、
食物繊維を含む食品は善玉菌の大好物です。

しかし、
便が腸内に長くとどまっていると
腸内で腐敗が起きて、
悪玉菌がどんどん増殖します。

食物繊維を含む食品を食べて、
腸を刺激することが自然な排便を促します。
悪玉菌をどんどん減らして行きましょう。

善玉菌が優位になれば、
腸内環境が改善され、
免疫機能が高まります。

すると、
インフルエンザにかかりにくくなりますし、
回復も早くなります。

なぜなら、
免疫細胞が活性化していれば、
ウイルスを早期に撃退してくれるからです。

善玉菌を増やし、腸内環境を安定させる食品とは?
わたし
わたし

発酵食品やオリゴ糖を含む食品がおすすめです。

おすすめの発酵食品
◎ヨーグルト・チーズ
◎キムチ
◎納豆
◎漬物
◎味噌

オリゴ糖を含むおすすめの食品
◎はちみつ
◎バナナ
◎ごぼう
◎甘酒
◎タマネギ

便秘を解消して悪玉菌の増殖を防ぐ「食物繊維」
わたし
わたし

食物繊維には2種類あります。

  1. 水溶性食物繊維
  2. 不溶性食物繊維
水溶性食物繊維を多く含む食品
◎大麦
◎海藻類
◎モロヘイヤ
◎納豆
◎リンゴなどのフルーツ類

不溶性食物繊維を多く含む食品
◎玄米ごはん
◎そば
◎ほうれん草・水菜_ごぼう・オクラ・ブロッコリー・にんじん・さやいんげん・きのこ全般・さつまいも・里芋・切り干し大根・こんにゃく・ナッツ類・豆類など

これらの食品をしっかり摂取して、
肉などの動物性タンパク質や
添加物が使用されている加工食品の
摂取量を減らしていけば、
腸内環境は徐々に改善されていきます。
 
しかし、
忙しい現代人は外食で済ませることも多く、
食事に時間をかけられる贅沢な人は限られています。
 
わたし
わたし

だからこそ、
腸内環境の改善には乳酸菌サプリメントが効果的なんです。

インフルエンザにかかってしまったときの対処法

インフルエンザにかかってしまったときに、
一番早く治す方法をご紹介します。

インフルエンザにかかったら、
薬などは飲まずに、
とにかく寝ることが一番です。
 
なぜなら、
寝ている間に、
免疫細胞が一番力を発揮してくれるからです。
 
しっかり寝ることが一番早く治す方法です。
 
 
そして、
お腹がすくまでは何も食べないことです。
 
体はインフルエンザウイルスを殺すために体温を上昇させます。
高熱が出ても慌てないでください。
高熱が出たということは、
免疫細胞が戦いをはじめた合図なのです。
 
そのとき、
大量の汗をかいて、
毒素も排出させようとします。
 

ですから、
水分をたくさんとってください。

 
このとき、
犯しがちな間違いはスポーツ飲料を飲んでしまうことです。
 
スポーツ飲料には、
添加物や人工甘味料といった
腸に有害な成分がたくさん入っています。
 
腸内環境には良くない飲み物なのです。
 
一番いい水分補給方法は、
リンゴをすりおろして飲むことです。
水をそのまま飲むよりも、
果物を食べたほうがたくさんの水分を吸収できるのです。
 

日中は晴れているなら、
30分でいいので日光を浴びてください。

日光を浴びることでビタミンDが作られます。
ビタミンDには強力な抗酸化作用がありますので、
体内の免疫力をアップさせてくれます。
体内で増殖しているインフルエンザウイルスを攻撃する力がアップするわけです。
 
ビタミンDの主な10の効果

①風邪やインフルエンザの予防効果
②免疫力を高める効果
③うつ病などの精神疾患の改善効果
④喘息の減少効果
⑤脂肪の燃焼を促進する効果
⑥幸せホルモンのセロトニンを生成する
⑦心血管を保護する作用がある
⑧骨格筋を強化してくれる効果
⑨カルルシウムの吸収や調整機能を高める
⑩花粉症を予防して症状を軽減する効果

 
そして、
最後に乳酸菌サプリを飲むようにしてください。
腸内環境を整えることが回復への最短ルートになります。
とくに解熱後は、
油断せずに乳酸菌サプリをしっかり飲んでください。
 
再発や回復の遅延を防止できます。
 
高熱はつらいですが、
解熱剤を使用するとかえって
回復を遅らせることになるので注意が必要です。
 

薬は症状を抑えているだけで副作用が怖い

最近は毎年冬になるとインフルエンザが大流行するわよね…

インフルエンザにかかると高熱が出るので、
みんな慌てて医者に駆け込んできますよ。

でも解熱剤をもらって3日で熱が下がらないと、
患者さんは医者を変えてしまうんです。

だから、医者も辛い立場にあるんですよね。
早く熱を下げないと人気が落ちてしまいますから。
3日以内に熱を下げなくちゃいけなんです。
だから、どうしても強い薬を使いたがるわけですよ。

たとえば、
ポルタレンやポンタールといった解熱剤は熱をよく下げてくれます。
しかし、
「ライ症候群」という副作用が出ることがあります。

ひきつけや痙攣が起こって、
そのうち意識がなくなります。
そうなると3割の人が死んでしまうのです。
さらに残りの3割は後遺症が残ります。
最近では、
子供の対しては使用禁止になっているほどです。

 

ちなみに、
ポルタレンやポンタールを摂取して、
ライ症候群を引き起こす人はほとんどが便秘です。
宿便を溜め込んでいる人たちです。

 

 

ですから、
腸内をきれいにしていることがとても重要なのです。

インフルエンザにかかる原因

わたし
わたし

インフルエンザの原因はウイルスです。
毎年型の違うウイルスが流行します。
インフルエンザウイルスにはA型・B型・C型の三種類があります。

感染力が強くなるには次の2つの条件が必要です。

  1. 乾燥していること
  2. 気管が冷えること
    (足が冷える・ストレス・睡眠不足・激しい運動による疲労・首が冷える)

この2つの条件が重なると、
腸内の絨毛の動きが鈍くなり、
ウイルス感染しやすくなるわけです。

それがインフルエンザ大流行の原因になるのね!

インフルエンザウイルスについて

わたし
わたし

インフルエンザウイルスには次のような特徴があります。

インフルエンザウイルスの特徴
①高温・高湿度に弱い
②外気や石けんに弱い
③低温・低湿度に強い
④冬に大流行する
⑤一回のくしゃみで約200万個の少粒子が飛散する
⑥一回の咳で約100万個の少粒子が飛散する

一回のウイルスの感染力の強さと流行時期
◎インフルエンザウイルスはA型の感染力が最大で、B型の倍以上の感染力があると言われている
◎A型インフルエンザウイルスは、10月頃から流行が始まり、2月頃まで続く
◎B型インフルエンザウイルスは、12月頃から流行が始まり、4月頃まで続く

インフルエンザの感染から発症まで

①ウイルスが体内(気管の粘膜)に侵入すると、
組織からIL-1・TNF-αといったサイトカインが放出される。

②血液中の白血球がそこへ集結し、
血管外に出て、
インフルエンザウイルスに向けて活性酸素を放出して攻撃する。

③インフルエンザウイルスは消滅するが、
正常な組織までダメージを受けて細胞膜が破壊される。

④細胞膜のリン脂からアラキドン酸(不飽和脂肪酸)が遊離してしまう。
さらにプロスタグランジンとなる。
これが組織に炎症を起こさせる。

インフルエンザにかかった時におすすめの乳酸菌サプリ

わたし
わたし

インフルエンザにかかった時におすすめの乳酸菌サプリは、『善玉元気』です。
実際にわたしも愛飲している乳酸菌サプリです。

 
『善玉元気』は、
16種類35株の乳酸菌・ビフィズス菌が配合されています。
 
さらに、
乳酸菌が体内で作り出す「乳酸菌発酵エキス」を特許技術で培養抽出に成功。
乳酸菌発酵エキスには352種類もの栄養成分が含まれています。
そんな乳酸菌発酵エキスもたっぷり配合されています。
『善玉元気』に使用されている乳酸菌・ビフィズス菌は共棲培養という方法で育てられた菌です。
 
共棲培養とは、
菌同士を戦わせて勝ち残った強い菌だけを使用する方法です。
 
ですから、
『善玉元気』の乳酸菌はとても強く、
しっかり働いてくれます。
 
サポート成分も充実していています。
①レタス1kg分の水溶性食物繊維1087mg
②はちみつ(オリゴ糖)1500mg
③トランスレスベラトロール(ポリフェノール)ワイン22杯分
④アントシアニン(野生ビルベリー由来)
⑤クエン酸
 
インフルエンザの予防・回復にも
ぴったりの乳酸菌サプリ『善玉元気』はゼリータイプです。
ブルーベリー味で食べやすいのが特徴です。
 
錠剤やカプセルが苦手だという方にもおすすめできます。
 
インフルエンザ解熱後に腸内環境を整えて、
免疫力をアップさせるための最短ルートは乳酸菌サプリの摂取です。
この『善玉元気』は、
そんな状況にぴったりの乳酸菌サプリだから、おすすめなんです!
 
『善玉元気』が最安値で購入できるのは公式サイトになります。

◎『善玉元気』は通常6980円ですが、
定期コースなら初回61%オフの2700円で購入できます。

◎大幅に割引いての販売と
継続して効果を実感してもらいたいという
メーカーの配慮から2700円で購入するには
3回(3ヶ月分)の継続が条件になっています。

◎二回目以降は
毎回22%オフの5400円で購入することができます。

◎解約は3回目以降ならいつでも可能です。
※万が一体調に合わない場合、
使っても実感できない場合は、
90日以内なら電話1本で返金保証がつき、
解約も可能です。

 

『善玉元気』が最安値で購入できる
公式サイトはこちら
▼▼▼▼▼

『善玉元気』公式サイトはこちら
 
 
 

コメント