女性が便秘になる6つの原因とは?3つの新生活習慣で解消する方法

便秘とおならの解消に乳酸菌がおすすめの理由

便秘にならない・悪化させないための3つの新生活習慣とは?

原因
特徴
筋肉量が少ない体が冷えやすいいきむほど悪化する
 

新習慣①

新習慣②

新習慣③
予防
対策
  • 筋トレもしくは
    ヨガをする
  • 肛門をキュッと締める運動をする
  • オリーブオイルを摂取する
  • 乳酸菌サプリを飲む
  • トイレにこもるのは10分以内にする
  • 便座に座る時は「考える人」のポーズをとる

便秘にならないための新習慣①
筋トレ・ヨガをはじめる

排便のときに使う筋肉を鍛えるためには、
腹筋・背筋・スクワットがおすすめです。

1日に10回でも20回でも良いので、
毎日やってみると、
1ヶ月後には別人のように変わります。

ただ1人で行うと、
続かないことが多いので、
ヨガ教室に通うとさらに良い効果が期待できるでしょう。

わたし
わたし

その他にも、
肛門をキュッと締める運動がおすすめです。

◎立った状態のまま、
左右のお尻をくっつけるようなイメージで
力をいれてお尻の筋肉を動かしてみましょう。

キュッキュッと10回連続して肛門を締めたり、
10秒間締め続けてみたりするのが良い方法です。

信号待ち、エレベーターの中、
休憩時間、歯磨き中など、
空き時間にでもできるので、
習慣にしたいですね。

便秘にならないための新習慣②
冷たいものを控えて乳酸菌サプリを飲む

便秘を解消するためには、
生野菜や玄米などへの食事の改善が必須ですが、
オリーブオイルの摂取も欠かせません。

オリーブオイルは小腸で吸収されずに、
大腸まで届きます。

大腸で腸壁を刺激して、排便を促します。

また、便と混ざることで柔らかくなり、
腸内をスムーズに通過できる潤滑油の役割をします。

オリーブオイルには、
高い保温効果があるため、
体を温かく保つ効果もあります。

ヨーグルトを食べる健康法を提唱する医師がいますが正直賛同できません。

なぜなら、
ヨーグルトはとても効率の悪い食べ物だからです。

乳酸菌やビフィズス菌を摂取するなら、
乳酸菌サプリのほうが圧倒的に良い方法です。

なぜなら、
ヨーグルトに含まれる乳酸菌や
ビフィズス菌の多くが
胃酸によって死滅してしまい、
生きて腸に届かないからです。

どうして生きて腸に届かないといけないの?

乳酸菌は腸内で食物繊維を発酵させることで、
短鎖脂肪酸を作り出すからです。

短鎖脂肪酸?!

◎短鎖脂肪酸には肥満を防止する効果があることから、
NHKスペシャルでも特集され今大注目の健康成分です。

この短鎖脂肪酸が、
腸内環境の改善に欠かせない成分であることが
最近わかってきました。

同時に、
自分の腸内環境にぴったり合った乳酸菌や
ビフィズス菌を
きるだけたくさん摂取しなくてはいけないのです。

どうしてたんさん摂取しなくてはいけないの?

食べ物やサプリから摂取した乳酸菌やビフィズス菌は、
自分の腸内には定着しません。

生きて腸に届いても、
数日で死んでしまったり、
便と一緒に排泄されてしまうからです。
最長でも1ヶ月程度だと言われています。

そのため、
便秘を解消したいなら、
自分の腸内環境が整うまでは、
常に新しい乳酸菌やビフィズス菌を
摂取し続ける必要があるのです。

ヨーグルトでは、
効率が悪いというのはこういったことが理由なのです。

わたし
わたし

最近のサプリはホントにすごくて、
たった1粒でヨーグルト100杯分の乳酸菌が
配合されていたりするからすごいんだよ。

そこでおすすめの乳酸菌サプリが『善玉元気』です。

『善玉元気』には先述した
「短鎖脂肪酸」が配合された
乳酸菌発酵エキスが配合されている
唯一の乳酸菌サプリです。

わたし
わたし

しかも、
競争させて生き残った生命力の強い
エリート乳酸菌16種類35株が配合されているから、
普通の乳酸菌サプリよりも高い効果が期待できる点も特筆なの!
私も実際に使っているわよ!

わたし
わたし

『善玉元気』については、
わたしのブログ内でも
「おすすめの乳酸菌ランキング第1位」で
紹介しているほどおすすめです。

『善玉元気』が買えるのは公式サイトからのみです。

◎価格は6980円ですが、
定期コースで購入すれば初回は2700円で購入することができます。

◎大幅に割引いての販売と
継続して効果を実感してもらいたいという
メーカーの配慮から2700円で購入するには
3回(3ヶ月分)の継続が条件になっています。

◎二回目以降は
毎回22%オフの5400円で購入することができます。

◎解約は3回目以降ならいつでも可能です。
※万が一体調に合わない場合、
使っても実感できない場合は、
90日以内なら電話1本で返金保証がつき、
解約も可能です。

 

『善玉元気』が最安値で購入できる
公式サイトはこちら
▼▼▼▼▼
『善玉元気』公式サイトはこちら

便秘にならないための新習慣③
トイレにこもるのは10分以内にして便座に座る時は考える人のポーズにする

排便時の注意点は、
長時間いきみ続けないことです。

5分以上はおすすめしません。
ですから、
10分以内にトイレから出ることをおすすめします。

あまり長時間トイレにこもるのではなく、
一度出て、お腹をマッサージしたり、
体をひねるなどの軽い体操をしたりして、
次の便意を来るのを待つほうが良いのです。

直腸や肛門に負担をかけない座り方は、
ロダンの彫刻「考える人」の姿勢が有名です。

便座に座っている時は、
背中から腰を丸めるようにするのが良いと言われています。

上体を起こした状態にすると、
直腸が曲がってしまい、
便がつっかかりやすくなるのです。

しかし、「考える人」のポーズなら、
直腸のカーブが浅くなり、
便がスムーズに出やすくなるのです。

「考える人」の姿勢についてもう少し詳しく教えて?

便座で腰を丸め、
かかとは30度ぐらい軽く上げると、
下腹部に適度な圧力がかかって
便がスムーズに出ると言われています。

休憩時間にすぐできる便通を促す3つの簡単テクニック

仕事などで忙しくしていると、
交感神経が優位になり続けてしまいます。

すると、便通が起こりにくくなるのです。

休憩時間などのちょっとした時間に、
これからご紹介する3つの方法を行って、
副交感神経を優位にして
腸の運動を活発にするようにしてみてください。

便通を促す簡単テクニック①手首回し

①椅子に座った状態で、
テーブルの上に肘を乗せます。

②肘を支点に、手首を回します。

手首を回すことで、
肩甲骨を動かすことができます。

背中の血流が良くなり、
リラックスして、
副交感神経が優位になり、
腸の働きが良くなります。

便通を促す簡単テクニック②口角を上げる作り笑い

ベストなのは、
楽しく笑うことが一番なのですが、
たとえ楽しいことがなくても、
作り笑いをするだけで、
表情筋が働き、
脳に「楽しいことが起こっている」と
錯覚させることができると言われています。

おすすめの方法は鏡を見ながら、
自分に向かってニコっと笑顔を作ってみましょう。

笑顔になると脳がリラックスします。

その結果、
副交感神経が優位になって腸の働きが促進されます。

便通を促す簡単テクニック③リズム呼吸

呼吸はとても重要で、
自律神経と関係が深いことが知られています。

吸い込む呼吸が交感神経を優位にします。
吐き出す呼吸は副交感神経を優位にします。

腸の働きを良くするためには、
吸うよりも吐き出すほうを長くするのがコツです。

指でテーブルを叩きながら、
8拍子吐いて、4拍子吸うというリズムで
リラックスしてみましょう。

コメント