ヨーグルト歯磨きで虫歯と口臭を予防!口内の善玉菌を増やす方法!

雑学

口の中にも悪玉菌がいる!

口の中にもたくさんの菌が棲んでいます。
その数500種類以上、
60億個とも言われています。

 

その中には善玉菌もいれば、
悪玉菌もいます。

 

わたし
わたし

口臭の原因はいくつかありますが、
もっとも多いのが歯周病による口臭です。

 

 

口臭は口内の悪玉菌が悪臭のする腐敗物質を口内で生産してしまうために発生します。

 

口内に棲息している「ジンジバリス菌」という悪玉菌の増殖は、歯周病の原因になります。ジンジバリス菌は、歯と歯茎の間に残っている食べカスをエサにして増殖します。

 

そして歯肉の組織にダメージを与え、歯茎に炎症を引き起こします。

 

こうして歯周病が進行すると、
歯と歯茎の間の隙間がどんどん深くなります。

 

そこに食べカスがたまるようになり、ジンジバリス菌はさらにそこで増殖します。

 

すると、
メタンガスや卵の腐った硫黄臭いにおいのする硫化水素などの悪臭ガスを発生させて口臭が腐敗臭を放つのです。

なぜ、ヨーグルトで歯を磨くと口臭と虫歯の予防になるのか?

 

ジンジバリス菌の増殖を防ぐには、
口の中の善玉菌である乳酸菌を増やすことが重要です。

 

 

善玉菌である乳酸菌は、
悪玉菌であるジンジバリス菌よりも増殖するスピードが圧倒的に速いという特徴があります。

そのうえ、
乳酸菌は「乳酸」をつくりだして、悪玉菌を撃退してくれます。

虫歯の予防にも乳酸菌が効果的

歯と歯茎の間にたまった食べカスが好物の悪玉菌はジンジバリス菌だけではありません。

 

虫歯の原因になる「ミュータンス菌(ストレプトコッカス・ミュータンス)」という悪玉菌も同じです。

 

ミュータンス菌は口内で砂糖をもとに大量の乳酸を作り出して、口内を酸性化させ、歯の表面を溶かしてしまうのです。

 

口の中の善玉菌である乳酸菌は、
ミュータンス菌の撃退にも効果的です。

乳酸菌はミュータンス菌の増殖を抑えて、歯の表面に付着するのを防ぐ働きがあるからです。

ヨーグルト歯磨きがおすすめの理由

ヨーグルトに含まれる成分は口内の健康に役立つものばかりです。

口内の健康に役立つヨーグルトに含まれている主な成分は次の通りです。

  1. たんぱく質
  2. カルシウム
  3. ビタミンB1

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が、
口内のジンジバリス菌やミュータンス菌の増殖を防いでくれます。

ヨーグルト歯磨きのやり方

わたし
わたし

歯周病に効果のあるヨーグルト歯磨き方法をご紹介します。

とても簡単な方法で誰にでもすぐにできるためおすすめです!

おすすめのヨーグルト歯磨きの手順

  1. 普通に歯磨きをする
  2. スプーン一杯の無糖ヨーグルトを口に含んで歯ブラシでブラッシングする
  3. まんべんなく口内にヨーグルトを行き渡らせる
  4. 最後に口に水ですすがずに飲み込む

 

水で口をすすがずにヨーグルトを飲み込むのが効果アップの秘訣だと言われています。それには2つの理由があります。
  1. ヨーグルトに含まれるタンパク質・カルシウム・ビタミンB1が口内や歯の健康に良い成分であるこ
  2. 乳酸菌が口内に残り、しっかり働いてくれること

ブラッシング後に口をすすがない方が乳酸菌がよく働くことができていいのです!

ヨーグルト歯磨きは朝晩行うのがベストですね!
朝なら朝食を食べる前に通常の歯磨きを済ませてしまい、朝食にヨーグルトだけを食べるようにすれば手軽な方法で、口臭・虫歯予防の効果が期待できるはずですよ!

ヨーグルト歯磨きにおすすめの乳酸菌

ヨーグルト歯磨きをする時におすすめの乳酸菌は次の2種類です。

  1. LS1菌
  2. ロイテリ菌

ヨーグルト歯磨きにおすすめにヨーグルト

 

コメント